自動車保険 告知義務 通知義務

自動車保険の告知義務と通知義務

自動車保険 告知義務

 

自動車保険を契約するときは「告知義務」があります。
当たり前ですが、保険の契約者や記名被保険者など正確な情報を申告しなければなりません。

 

保険者の名前や年齢のほか、被保険自動車の型式・記名被保険者の免許証の色・被保険自動車の年間予定走行距離・被保険自動車の使用目的・過去13ヵ月以内の自動車保険契約など様々な告知義務があります。

 

なぜこんなことをわざわざ書くのかというと、保険料を安くするために走行距離や使用目的を実際の状況と違うもの申告する人がいるからです。
虚偽の申告をした場合、保険金が支払われない場合がありますので、必ず使用状況に沿ったものを申告してくださいね。

 

でも転職や引越しで自動車の使用状況が大きく変わることはあります。
自動車保険の内容をそのままにしておいてはいけません。

 

契約した申告内容と違いが生じた場合は、自動車保険会社に連絡する必要があります。
そのとき差額が発生する場合は、その差額分を支払えば問題ありません。

 

申告時と状況が変わったときに保険会社に連絡することを「通知義務」といいます。
住所・使用目的・年間の走行距離・用途車種・登録番号などの変更があった場合に速やかに保険会社に連絡を入れましょう。

トップページ > プリウスの任意保険を1番安いようにする方法